サービス

独立起業支援

相談料:2時間:5400円(税込)
多様な働き方を求める時代となりました。正社員のみならず、非正規のプロフェッショナルも増える中、独立起業で成功される方々もおられます。
しかしながら、独立起業も決して甘い世界ではなく、その4割が1年以内の破たんという調査結果もあります。失敗の多くは立ち上げ段階での客観的なアドバイ ザリーを受けていないという点があります。ロード・インターナショナルでは、一人でも多くの方の成功を願い、独立起業希望者に対して相談業務を行っています。
転職という成功だけが、人生の成功ではありません。弊社に関わる方々すべての成功事例が多くなることを望んでいます。

これに関しては、弊社の顧問である中小企業診断士 菅 正至が担当させていただきます。
http://www.suga-office.com

ロード倶楽部

ロード倶楽部の目的

優良な中堅企業の経営者・人事管理者を対象とした異業種交流の会です。会員には無償でセミナー案内、異業種交流会、無償の人事コンサルテーションを行っています。
会費は無料ですが、限定した50社を対象としています。会員は無償で人事経験豊かなコンサルタントの人事コンサルティングを利用できます。
ロード・インターナショナル㈱は、人材紹介会社ですが、人事分野のワンストップサービスができるように努めています。

ロード倶楽部の特典
①無償で経営分野・人事分野のセミナー案内を行います。
②無償で異業種交流会の場の提供を行います。
③会員に対して有用な人事情報を提供します。
④ロード・インターナショナル指定の人事コンサルタントから月間3時間まで無償でコンサルティングを受けることができます。(TEL、メール等)

【申し込み方法】
① roadclub@road-i.co.jpよりお申し込みください。

※アドレスをクリックしても何も起こらない場合は、お手数をおかけ致しますが、
・お名前 ・会社名 ・部署名(役職名)・メールアドレス ・ご質問
をご記入の上、上記アドレスにご連絡くださいますようお願いいたします。

②弊社が入会を承認した際には、サービスに対する「委任契約」を締結させていただき
ます。

ロードの再就職支援サービス

弊社では、中堅・中小規模の企業向けに雇用調整コンサルティング~再就職支援サービスまで、コスト構造の改革に向けた施策をトータルできめ細かくサポートしております。

雇用調整コンサルニング
・コスト構造の改革(スリム化)
・人事削減計画とその合法性    詳細はこちら (PDF)
(経営上の理由などにより人員を削減する場合の計画と合法性)
実行する場合は経営幹部の一枚岩の決断が極めて大切です。また、退職推奨する場合は、担当幹部への事前の面接教育は必須です。(トラブルが起きてからでは遅い!)
再就職支援サービス

・非自発的な理由による企業の離職者が希望に沿った転身先を決定する為の活動を側面支援するサービス
・経験豊富なプロが一人ひとりに合ったサポート提供
(キャリアコンサルティング、職務経歴書の作成、面接トレーニング、情報提供)

安心してご利用いただけるように事前にじっくりとご説明、ご相談させて頂いております。
ご遠慮なく連絡下さい。

03-6404-6101(ロード1番)  担当 代表 片岡

kataoka@road-i.co.jp      詳しくはこちら(PDF)

ロードはメディカルに強い!

製薬(CRO含)業界、医療機器業界の転職
弊社では、専門キャリアカウンセラによる製薬業界、医療機器業界での経験者、及び未経験者の転職支援サービスを行っています。◆MRへの転職(未経験からMR)

他業界にて、営業経験をお持ちの方をMRへの転職(キャリアチェンジ)をサポートします。

◆MRの転職(経験者の方)
大手、中堅製薬メーカー及びCSOへの転職をサポートします。

◆臨床開発職への転職(未経験から、CRA、CRC)
メディカル業界経験者(看護師、薬剤師、臨床検査技師、MR)の方を、臨床開発職への転職(キャリアチェンジ)をサポートします。

◆臨床開発職の転職(経験者の方)
CRO、製薬メーカーへの転職をサポートします。

◆医療機器メーカへの転職(未経験から、医療機器セールス)
他業界にて、営業経験をお持ちの方を医療機器営業への転職(キャリアチェンジ)をサポ-トします。

◆医療機器メーカの転職(経験者の方)
外資、内資系医療機器メーカへの転職をサポートします。

MRの転職
新薬研究開発の停滞期“2010年問題”が言われるが、各製薬メーカーは、営業人員の増加傾向にあり、2010年上半期は、多数の製薬 メーカーにて未経験者採用が活発化されました。現在、製薬メーカーの未経験者採用は、落ち着き気味ですが、営業要員増加の意向は衰えることがなく、CSO 各社が継続して募集しています。一方、経験者については、引き続いて、採用意欲は活発に移行しています。

臨床開発職の転職
新薬開発の停滞期“2010年問題”もあり、新薬研究開発は減少傾向にあることは否定できません。しかし、製薬メーカーは、臨床開発をアウトソーシングす る傾向は変わらず、競争が激化したとはいえ、CROは、グローバル治験や、領域特化による専門性を強みとして、生き残る企業が多々あります。
CROでは、未経験者の方にもチャンスはあり、経験者の方には、業界自体が新しいこともあり、年齢関らず転職の機会(マネージャ候補)があります。

医療機器営業職の転職
世界第二位(一位は米国)の医療大国の日本のシェア獲得に、外資系メーカも含み、活発な採用があります。外資系企業がより活発で、未経験者の方を多く採用する傾向があります。

製薬、医療機器業界は、転職回数を問題視する企業が多い傾向にあり、慎重に転職活動を行う必要があります。転職をすることでこれからどの様な事態が想定されるかも含めて、アドバイスをさせて頂きます。
お気軽にご相談ください